カナディアンがやって来た!の巻


3年前に偶然、京都府亀岡市にあるパラグライダーエリアで出会ったカナダ人Norman。その日は一緒に飛んで意気投合。カナダへおいでよ!っといった軽~い会話から、昨年6月にはカナダツアーが実現。カナダの大自然に感動し、再び訪れることを誓い帰国。そして、今度は川根町においでよ~っと軽い会話から訪日が実現しました。

今回のカナディアンミッションは、冬もコンディションが良い静岡県で飛ぶことはもちろんですが、日本の文化や食事を体験することでより見聞を深め、将来的にはカナダパイロットを日本へガイドすること!そんな壮大な計画を進める第一歩になれば良いかな~自分もそんな思いでアテンドさせていただきました。

静岡県内を回ったフライトエリアは、島田市川根町の①七曲スカイパーク②川根スカイパーク。東伊豆町の③三筋山エリア④浅間山エリア⑤箒山エリア。河津町の⑥大池エリア。函南町の⑦丹那エリア。富士宮市の⑧朝霧エリア。それぞれ違った地形と景色が楽しめバリエーションに富んだ静岡エリアを楽しむことができました。







そして、クールジャパン体験プログラムとしては
①川根小学校3年生イングリッシュクラス参戦!
Norman先生によるカナダ大自然&パラグライダーで世界を旅したお話をしていただきました。さすが子供たちには大うけで、国際交流ができ大変盛り上がりました。しか~し、最後はマッスル腕相撲大会で立野君に人気を全部持っていかれました~。





②農家民宿「葛籠」でそば打ち体験
マスター河野さんの流れるようなそば打ち技術を目の辺りにしながら、慣れない手つきで蕎麦打ちに挑戦。専用包丁でそばを切る工程では、予想外の器用さにマスター河野さんもビックリ。指導が良かったこともありましたが、完成したカナディアン蕎麦の美味さに感動でした。





③道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」で川根茶体験
浅蒸しで仕上げた高級川根茶を由緒正しい入れ方で味わう体験に参加。温度の違いで異なる味を3回楽しめます。テアニンのうま味、カテキンの渋味、カフェインの苦味。浅蒸し茶特有の透明感に反した、深みのある味わいに驚きと感動。自分も川根茶について少しは語れるようになりました!良い勉強になったっけ~。





④ラーメンアカデミー
静岡県中部は、朝からラーメンを食べる「朝ラ~」という文化があるぐらい、ラーメンの本場。ラーメンが大好きなNormanにはたまらない文化でこの度食したラーメンは12食。様々なタイプにトライし、自分で究極のカナディアンラーメンを作る研究をしていました。私もかなりのラーメン好きですが、カナディアンの情熱に完敗!





⑤トレッキング
眼下に鵜山の七曲、遠くには雪をかぶった南アルプスと富士山、さらに輝く駿河湾の向こうには伊豆半島と絶景を望みながらハイキング。コンパクトで多彩な川根山歩きは、スケールの大きなカナダとは違った面白さがあるようで、ラーメンアカデミーで緩んだ体もリフレッシュ!




⑥撮り鉄
写真撮影が大好きなカナディアンには、大井川鐡道を走る蒸気機関車と富士山は最高のターゲットになったようです。特に雨の中を走るSLは吐き出す蒸気がダイナミック!そして、咲き始めた桜と富士山のアングルにはこだわったようです。日本の素晴らしさを世界へ発信してください!





⑦日本人との出会い
とにかく人懐っこいNormanは仲良くなった日本人とハグ(抱っこ)が大好き。通称「BearHug」(クマの抱っこ)と称して多くの出会いの記録を写真に残してきました。後半戦はベアーハグのやりすぎで、右腕に痛みが・・・。それも川根本町でカイロプラクティックを営むマミさんに、背骨のずれをグイっと調整していただき解消!素晴らしい出会いに感謝です!










コロナウイルスの影響で帰りの航空便が欠航。慌ててチケットを取り直す騒動はありましたが、何とかカナディアンたちは無事出国。パラグライダーだけでなく、日本人との絆を作れた素晴らし旅になりました。今度は我々がカナダを訪問しますぞ~!6月の訪問が楽しみです。



投稿者名 宮田 歩 投稿日時 2020年03月17日 | Permalink

2020 台湾ツアーの巻


日本の冬期でも暖かく、北回帰線上に位置する台湾は安定した貿易風により、安定した穏やかな天候になります。日本からも多くのパイロットで賑わう台湾へ。SkyTECも恒例ツアーとして訪問です。

中部国際空港セントレアから出国して、約3時間で台北桃園国際空港に到着。台湾中央に位置するプーリーエリア近くまで移動しホテルに入りました。まずは近くのレストランで乾杯!七曲クラブ&SkyTECツアー団結式となりました。




台湾ツアーDay1
台北到着から台湾のほぼ中央に位置するプーリーエリアまで南下。まずはスロースタートのつもりが、ガンガンのサーマルコンディションとなってしまいました。

プーリーエリアは台湾中央に延びる山脈に対し西側に位置する盆地内にあります。テイクオフは高度差300mほどの西斜面なのですが、西日が当たり始める時間と、西から海風が入るタイミングが重なり午後から一気にコンディションが好転します。今日もいつものプーリーコンディションとなり、雲底1700mでエリア周辺フライトは楽しめました。

SkyTECメンバーも秋本さん3時間。薄着で油断した方も意外に寒い空中を2時間ほど飛べ、初めてとなる台湾の空を楽しむことができたようです。

夜は滞在先のピントン市街の夜市で夕食。相変わらず混とんとした市場ですが、台湾料理だけでなく、庶民エネルギーを味わうことができ面白い!

明日からは、サイチャエリアでフライトです。








台湾ツアーDay2
今日からお馴染みのサイチャエリア。冬らしい北風が強いはずですが、台湾島中央に鎮座する山脈が見事に風を淀ませて、サイチャのベストコンディションとなりました。

午前中は強い逆転層にてこずりますが、みんなでサーマルを探しガーグリング。これもまた楽しい。そして、午後2時、逆転層ブレーク後は、エリア内が降りられないほどの豊富なサーマルで夕暮れまでタップリ飛べました。

七曲ベテランパイロット達は六カメゴールまでのXCを達成。SkyTEC修行僧達、空中のソアリングは上達しましたが、フラットなサイチャテイクオフに苦戦します。ドンだけ七曲テイクオフが簡単か!身に染みて感じていただけたでしょう。さて、明日こそきっちり頭上安定させてのテイクオフを披露してください。

夜は恒例の夜市を探索。メインは海鮮料理。今年も美味しいカエル頂きました。2回戦はまたも台湾ラーメン。三回戦の締めはかき氷。夜のXCも満喫して、皆さん絶賛増量中。明日への鋭気を養いました。







台湾ツアーDay3
サイチャ2日目。秋本さん曰く「今日も良かったっけ~台湾最高だっけ~!」と1500mでたっぷり飛べました。謙語さん、秋本さんも遂にアサヒ山ゲット。メグさんも気持ち悪くなるぐらいセンタリング修行ができました。「信ちゃん危機一髪」の名場面もあり、喜怒哀楽ドラマな1日で今日も盛り上がりました。

明日は台北への戻りで、再びプーリーへ。この3日間は無事絶好調のSKYTEC修行僧達ですが、最後に更なるドラマが起きるかも!?こうご期待ください。





台湾ツアーDay4
フライト最終日は再びプーリーエリアへ訪問。到着した12時ごろはエリア内に積雲もあり、今日もガンガンかとビクビクしていました。しかし、午後からは積雲は消え、快晴なのにビシッと逆転層が張り出し、何故かサーマル対流が起こらず…。それでも、昨日まで良く飛べたので、みなさん焦らずゆっくりスタート。

今回お世話になった虎嘯山荘のテイクオフですが、一見きれいな傾斜のようで、最後に斜面が緩やかになるトリッキーな地形。さらには微風の修行コンディションのため、今日の「危機一髪シリーズ」はめぐさん!最後の竹藪をかすめながらのテイクオフに場内騒然でしたがギリギリセーフ。違う意味で盛り上げてくれました。

結局サーマル活動は好転せず、修行僧秋本さんは5本。皆さん無風テイクオフの極意を川合師匠に叩き込まれ、台湾修行を無事に締めくくりました。

夜は小籠包と水餃子で乾杯。街を散策しながらの帰りには、発見した謎の台湾神社を参拝。キラキラド派手の神社は、エンマ大王のような神様が祭られていてパワーをいただきました。ご利益ありそう。

明日は楽しかった台湾ともお別れ、台北経由で帰国します。






台湾ツアー最終日。
晴天のプーリーでしたが、フライト無。後ろ髪を惹かれながら帰国の途に就きました。

最後のタスクは桃園市をプチ観光。ランチはシンガポール風火鍋(しゃぶしゃぶ)ランチで打ち上げパーティー。あまりのボリュームに死ぬ覚悟で完食。美味しくいただきました。人懐っこい料理長と仲良くなり、シンガポール自慢をみんなで聞いて、レストラン2階の自宅まで招いていただきました。素晴らしい出会いに感謝です。

食べて良し。飛んで良し。そして暖かい!3拍子揃った冬の台湾ツアーは大満足で無事終了。また来年も行きましょうね~。




投稿者名 宮田 歩 投稿日時 2020年01月15日 | Permalink

「あっちこっちウォーキング」川根スカイパークで山のお勉強の巻


「あっちこっちハイキング」(遠足)で川根小学校の子供たちが、川根スカイパークのテイクオフに訪問してくれました。



午前中、産直市場「村の市」でお手伝い研修を終えた子供たちを、SkyTECでテイクオフまで送迎!そして、自分たちの故郷川根町の里山風景を見ながら、芝生カーペットに座ってみんなで楽しくお弁当。



ランチ後は、山のプロ「種本昇司さん」に山のお仕事について教わりました。まずは、立ち枯れしたコナラの大木をスーパーチェーンソーでサクッと倒木。そして、切り株はあっという間にベンチに早変わり。素晴らしいチェーンソーテクニックで、さっそく子供たちの心をがっちりキャッチ!






なぜこの木が枯れてしまったかのか?全国に広がっているカシノナガキクイムシから伝染するコナラ菌が原因であること。全国の広葉樹林にこの被害が広がっていること。う~ん勉強になりますな~。




そして、SkyTECシイタケAcademyで、今年2月に打ち込んだ種を引き抜き、仕込んだ原木をチェックしていただきました。「これは良い状態で菌が回っていて、出るぞ!」とのありがたいお言葉。いえ~い!来春の椎茸パーティーが楽しみです。



最後は我々が、かっこ良くパラグライダーで飛び立ちフィナーレ!のはずでしたが、さすがの強風に心置きなく撤収となりました。子供たちは目を輝かせ、種本さんの技と話に夢中になり、山に親しむ本当に良い機会になりました。




この川根スカイパークが、子供達だけでなく、地域の方が集える場所になっていけば良いな~。
種本さんありがとうございました!



投稿者名 宮田 歩 投稿日時 2019年11月17日 | Permalink

CANADA Tour 2019


Day1
いよいよバンクバーに向けて出発です。今回は伊豆フライトハウスとの合同ツアー。鈴木校長の大工修行時代の古巣バンクーバーでのフライトも大きなミッションとなります。

今回は成田からでしたが出国もスムーズ。カナダは日付変更線をまたぐので、同日27日朝に到着。ちょっと得した気分です。そして、バンクーバー空港では現地ガイドのNormとも順調に合流して一路Mt.Woodsideへ移動です。

ここ数日大気が不安定で、午前中は雨が降っていたそうですが、我々の訪問と共に晴れ間が!雄大なフレーザー川を見ながら、穏やかにソアリング。校長、オットーも無事にフライト。ウォームアップには最高の初日となりました。







Day2
カナダ西海岸周辺は低気圧の通過で、がっちり大気が不安定。
昨日と同じようなコンディションで、雨が降ったり止んだり。タイミングを見れば飛べそうということで、今日もMt.Woodsideに上がりましたが、風はやや強め。無理せず下山して観光モード。

近くにあるBridalFallという滝観光。巨大な針葉樹のパワーととマイナスイオンで癒されました。夜は成瀬シェフの指導もと自炊。楽しい時間を過ごせました。

明日からKerwonaへ。天気は回復傾向です!






Day3
天候の回復を見て、朝からChilliwackから東へ移動開始。途中SlomonArmで飛んだ後、夕方最終目的地のRevelstokeへ到着。

Revelstokeはカナダ有数のマウンテンリゾートで、2200mのテイクオフからは素晴らしいロケーションが望めます!19時を過ぎていましたが、夕方特有の穏やかな風でソアリングが楽しめました。高度差1700mのグライディングは最高。

明日から天候は回復。楽しみです。






Day4
朝から気持ちの良い快晴。Revelstokeでのベストコンディション予報にカナダ中から多くのパイロットが集まりました。丁度、カナダ祭日が重なり、イベントも開催されていてアクロバット、SIVコースも行われていて、エリアは賑やか。

我々は対流が激しくなる前に1本。校長、オットー、信彦さんも気持ちよくフライトできました。そして、クラウドベースは予報通り3200m!成瀬さんはあまりの寒さに早々にギブアップ。カメちゃんは3500mまで上げて宮田と70Kmのアウト&リターンを楽しみました。夕方も穏やかにもう一本フライト。Revelstokeをたっぷり楽しめた1日でした。







Day5
今日もRevelstoke。朝から気持ち良い快晴。午後からサンダーストーム予報に、午前中勝負でテイクオフへ移動。安定した西風で、テイクオフ前では信彦さんものんびりソアリングできました。校長、オットーも気持ちよくフライダウン。そして、カメちゃんは今日も4時間のフライト。寒気の流入は予報より遅れ、結局夕方まで飛べた一日でした。

カナダパイロットはとてもフレンドリー。ランディングでは、地元パイロットとの交流が深まります。同じ車椅子パイロットのロスさんは、校長と意気投合。今度は日本で一緒に飛ぼう!深い絆が生まれ、良い出会いとなりました。

明日、Golden訪問予定です。







Day6
Theカナディアンロッキーとして名高いGoldenに訪問しました。世界有数の山岳エリアとは聞いていましたが、テイクオフ、ランディングは素晴らしく整備されていて時間を選べば練習生でも楽しめそうです。

午前中早い時間、雲底は低かったものの、午後には雲底3000mまで押し上がり、噂通りのポテンシャルを見せてくれました。校長、信ちゃんは穏やかなうちにフライダウン。宮田、カメちゃんは谷を南にXC30Km。壮大なカナディアンロッキーを見ながらのフライトは感動の一言。本当に来てよかった…。今回アテンドしてくれたノーマン、リチャードに本当に感謝です。

帰りに謎の日本料理店で食事。Goldenのランボーことリチャード家と楽しい時間が過ごせました。素晴らしい出会いにも感謝です。







Day7
ツアーも後半戦。険しいカナディアンロッキーから離れ、美しい湖と丘陵が続くOkanaganValleyに移動。今まで圧倒されてきた景色とは違って、のどかな田園風景の中リラックスして飛ぶことができました。

カメちゃんは地元パイロット達と大きな谷を周回するXCへ。日本らしい弱~いコンディションでしたが、我々にはピッタリ。地元の強者パイロットが途中降りてしまうなか、カメちゃんはキープハイで生き残り、見事ランディングまで生還。校長、信ちゃんもエリア内でのんびりソアリングを楽しめました。

夜は宿泊先の古い農家で自炊。陽気なカナディアンと美味しい料理、今晩も楽しい時間を過ごすことができました。







Day8
朝からしっとりした雨。昨日まで飛べた余韻を楽しむようにゆっくりスタートです。朝食はカメちゃんプロデュースのサッポロ一番塩ラーメンを美味しくいただき、Okanagan湖を観光しながらゆっくりバンクーバーを目指すことになりました。

Okanagan湖はフランスのアネシー湖に雰囲気がそっくりです。綺麗な水質で、周辺はリゾートですが、少し離れれば、美しい果物畑に囲まれていて最高の場所でした。次回は是非サーモン釣りにも挑戦したい!

さて、バンクーバーに到着しましたが、残念ながら雲底は低く、お目当てのグラウスマウンテンは飛べませんでしたが、巨大なショッピングモールでお土産購入。そして、夜はNormお勧め謎のラーメン屋で勝負!見た目、味はギリギリ合格点でしたが、成瀬さんチョイスのみそバターラーメンはちょっとはずした感が…。ラーメンビールにはびっくり!中身は冷やしラーメンで予想外に美味しかったです。

明日はツアー最終日。楽しかったカナダから帰路に立ちます。





エピローグ
楽しかったカナダツアーも無事終了。初めてのカナダ訪問でしたが、Norm、Richardによる完璧なサポートのおかげで素晴らしい体験ができました。そして、伊豆フライトハウス鈴木校長もハンディキャップを抱えながらのチャレンジに改めて尊敬!ご一緒させていただき光栄でした。皆さんに感謝です。

雄大なカナディアンロッキーがもたらす恩恵に感動し、人間の存在など、改めて小さく感じてしまいます。そこに暮らすカナディアンはその自然と対峙し、楽しさも厳しさも受け入れ共存しているように感じました。また必ず訪れなくてはならない場所が増えてしまいました。

世界は本当に広い!




投稿者名 宮田 歩 投稿日時 2019年07月06日 | Permalink